マラソン大会の交通誘導

こんにちわ、かかしです


今日は仕事のお話
隣町で行われたマラソン大会の交通誘導警備に行ってきました


朝は6:30集合{{ (>_<) }}
しっかり重ね着してきたので寒さ対策は万全


かかしはマラソンのコース外のエリア
通行止めの入口の場所の担当でした
この辺は町はずれの一般道なので車の通行量は多くはなく
通行止め区間に入ろうとする車を迂回してもらうだけの簡単なお仕事
時間は9:00からなのでそれまでコンビニの駐車場を借りて車内待機


9時前になって外に出ようとしたら一つ失敗がありました
上半身はしっかり重ね着したのに下はタイツを履いてくるのを忘れました
靴下は2枚履いたがその上はズボンとパンツのみ
膝とももの部位がスースーします


9時になり立て看板とバリケード設置して
仕事開始


ちょっとしたらバイクが1台スピード落として向かいのコンビニの前で止まりました
道が通れなくて困っているのかと思ったら


「あの...運動公園の駐車場行きたいんですけど」
「こちらは通れないので迂回してくださーい」
「マラソンに参加する者なんですけど...」
「え、選手ですか!?」
遠回りになるけどスタート地点である運動公園までの道を教えましたが
その後も選手なのか応援なのかこの先の運動公園に行きたいと無茶言う人たち
なんでこいつら通行止めになる時間知らねえのかよっとしきりに愚痴ってました


あとで資料みたらマラソンのスタート時間が細かく分けられていて
小学生の部は9:00スタートだが高校生、一般のスタートは11:00だったのです
これだけ時間のひらきがあれば遅れてきますわなーと納得


時間は11:00を回り運動公園へ行く車はこなくなりましたが
今度は道を聞いてくる人が
「Y市に行きたいんだけどこの道で行けんの!?」
どうやら手前の国道が通行規制で通れなくなったようで
いつも使う国道通れなくなって不安になって聞いてきたようです


国道が通れなくなって一般道に流れ混んで増える車
不安で聞いてくる人たちの対応で地図片手に説明していると
片側一車線なので当然車の後ろが何台も連なってクラクション鳴らされるしまつ
慣れない仕事に四苦八苦でした


ようやく13:00になり通行規制解除
仕事終わり
足が震えて後半立ってるのが辛かったですが仕事やり終えて一安心


交通誘導なんて簡単な仕事だと甘く見ていたけど思ったよりも大変
この日のために事前にマラソンの通行規制なる箇所の地図などの資料をもらっていたので
マラソンのスタート時間が子供と大人でずれていること
11:00から国道が通行規制になり迂回路として一般道に流れ混んでくるなど
ある程度予測をしていれば
困った人たちの対応に四苦八苦することはなかったかなーと
反省


自分にとって貴重な経験だったと
プラスに考えて終わりたいと思います
かかしでした。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。